2008年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.11.19 (Wed)

12/11(木) 診療時間一部変更のお知らせ

 都合により、12月11日(木)の診療時間を一部変更させていただきます。

 変更前診療時間: 朝9時~午後1時 & 午後3時~午後8時
       ↓
 12/11(木)の診療時間: 朝9時~午後1時 & 午後5時~午後8時

                        以上、よろしくお願いいたします。

20071019223656.jpg

静岡市 大石歯科医院

スポンサーサイト
EDIT  |  14:23  |  お知らせ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2008.11.19 (Wed)

12/2(火)~12/5(金) 診療時間一部変更のお知らせ

 都合により、12/2(火)~12/5(金)の4日間、午後の診療時間を午後6時までに変更させていただきます。夜間の診療をご希望の方にはご迷惑をおかけして申し訳ありません。

 変更前診療時間: 朝9時~午後1時 & 午後2時~午後8時
       ↓
 12/2(火)~12/5(金)の診療時間: 朝9時~午後1時 & 午後2時~午後6時

                              以上、よろしくお願いいたします。

20071019223656.jpg

静岡市 大石歯科医院

EDIT  |  14:21  |  お知らせ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2008.11.16 (Sun)

冬眠、暁を覚えず

 我が家の長男も、ついにケータイを持ちたいと言い出しました。

 扶養家族の分際で生意気な、今から贅沢を覚えると将来が思いやられるなどと言ってイジメていたのですが、部活や友人の連絡がケータイメール中心で困るとのこと。

 もう高校生でもあることだし、仲間ハズレにされてイジメに遭っても困るので、仕方なくケータイを持たせることにしました。とはいえ、色以外は本人の好みを無視して一番安い機種、画像の送受信禁止、長電話禁止、料金が一定額を超えたら小遣い停止ぢゃ。(@_@)

 さて、そんな ある日、長男に連絡したい用事が有り、メールを出しました。すると、しばらくして返信が。

 「お願い、授業中はヤメて。(-_-;)」

 あのボンヤリ長男がそんなに集中して授業を受けているとも思えないし、さては変な着信音を設定して、それが教室中に鳴り響いて恥をかいたのか? その晩、本人に聞いてみました。

 「授業中のメールがダメって、マナーモードに設定して無いのか?」
 「してるよ。だけど、授業中にケータイバイブ機能が働いて震えると、そのせいで目が覚めちゃうじゃない!」

 お前、それ全然ダメだろー。(@_@;)

ケータイ

静岡市 大石歯科医院

EDIT  |  14:24  |  私的日常雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2008.11.03 (Mon)

朝の丸窓

 ある日、実家の母から電話がかかってきました。

 トゥルルル…。
 「はい、大石です。」
 「(前ふり無しにいきなり) だからね、あなたが前に連れて行ってくれた温泉があるでしょ?」
 「え?は?」

 「ほら、静岡市の北の方の山間にある。」
 「あ、はいはい。」
 「あそこ行きましょうよ。だから予定を空けておいて頂戴。」
 「へ?ええと…いつ?」

 「ほら、お父さん(大石歯科医院 前院長)の誕生日が近いでしょ?だからそういうことで。」
 「はあ。」
 「けどね、私は温泉ってそんなに好きじゃないのよ。でもまあ今回は いいわ。じゃあ日にちはお父さんと相談して決めるから、予定を空けておいてね。」
 ガチャ。

 何がいいのか わからない…というか、日にちも決まってないのにどうやって予定を空けろと。(^_^; 悩みつつもパワーに押し流されて、安倍川の中流にある油山温泉に行って来ました。

 露天風呂に浸かって、美味しいシシ鍋をつついて。久しぶりの和風旅館を堪能しました。朝食のときは座敷の床の間に丸窓があって、差し込む光がとても綺麗でした。

丸窓

静岡市 大石歯科医院

EDIT  |  16:11  |  私的日常雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。