2010年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2010.05.23 (Sun)

マーフィーの山椒

 5月も終盤に近づき、季節も すっかり夏めいて来ました。夏の食べ物というとトウモロコシや西瓜と並んで思い出すのが鰻。

 先日、診療所の近くにランチで安く鰻丼を出してくれる店を見つけました。ランチの鰻丼なので その場で裂いて炭火で焼いてなどという本格的なものでは有りませんが、それでも質・量ともに充分リーズナブルで、鰻が好物の私は いそいそと通っております。

 ただ、この店、本業が鰻屋さんではないのでテーブル上の調味料に山椒がありませんでした。山椒も好物の私としては残念な点で、あのシビれる感じがないと折角の鰻が今ひとつ物足りない。散々悩んだ挙句、ある日ついに「マイ山椒」の持込みを決意しました。

 いよいよ決行当日。山椒の小瓶をポケットに隠し持って、待つこと数分。そして出てきた鰻丼に、店員さんの目を盗んで山椒投下、作戦成功。薬味の効いた鰻丼を一気に堪能して、ふと下を見ると、味噌汁椀の横に山椒の小袋が! なんと、いつからはわかりませんが私が隠れ山椒持込を決意してからその日までの間に山椒が付くことになったようです。なんというタイミング。(x_x;)

 まあそれは仕方ないからいいんですが、問題はこの小袋の処理です。もしここで封を切らずにこのまま小袋を残して帰ると、「ああ、このお客さんは鰻に山椒をかけない人なんだ」と思われて二度と山椒を出してもらえなくなるかもしれない(考え過ぎ)。かといって、鰻丼は既に食べてしまった。

 封を切って中身を残したまま帰るのも食べ物を粗末にするようで気が進まない。いっそ小袋を持って帰ろうかと思ったけど、使用済みの小袋がないから風に飛んだかと思った店員さんが周辺を探す羽目になっては申し訳ない。いきなり「あははは、山椒が付くようになったんですか。これは嬉しい。今日は気がつかずに鰻丼を食べちゃったけど、次から期待しますよ、あははは。」などと忙しい店員さんに話しかけるのもあまりにも怪しい(変なヤツ)。

 結局、少し残っていた漬物にたっぷりと山椒をかけて食べました。妙な味でした。(^_^;

山椒

静岡市 大石歯科医院

スポンサーサイト
EDIT  |  16:36  |  私的日常雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。